本棚 本収納 ウォールラック 壁面収納 扉薄型 オシャレ 収納棚 壁面家具 収納 ラック スリムラック 本 書斎 一人暮らし 北欧【OG】ブックシェルフ 薄型 リビング収納(ホワイト 白) グランディック リビング壁面収納・システム収納
本棚 本収納 ウォールラック 壁面収納 扉薄型 オシャレ 収納棚 壁面家具 収納 ラック スリムラック 本 書斎 一人暮らし 北欧【OG】ブックシェルフ 薄型 リビング収納(ホワイト 白) グランディック リビング壁面収納・システム収納
WL45T-3199
8,439円 12,056円



【商品について】

※こちらのページは 【ミュゼ専用扉4枚セット(幅45用)】 のページです※
※本体は別売りです(対応本体:幅45タイプの浅型・深型に対応)※
■サイズ:
(約)幅43.4x奥行1.7x高さ62.1cm(大)
(約)幅43.4x奥行1.7x高さ29.8cm(小)
■カラー:ホワイト ダークブラウン
■素材:
構造部材:パーチクルボード、MDF
表面加工:プリント化粧合板
■その他:
・お客様組み立て家具です









ウォールラック用扉4枚セット-幅45専用-【Musee-ミュゼ-】(壁面収納用扉)

















仕様詳細
サイズ上段用(小):幅43.5 x 高さ29.7 x 厚み1.7cm(1枚)
上段用(大):幅43.5 x 高さ62 x 厚み1.7cm(3枚)
材質構造部材:パーチクルボード・MDF
表面加工:プリント紙化粧合板・ポリエステル化粧合板・PVC
生産国中国

壁面収納【ミュゼ45cm幅】専用扉となります。お客様取り付けの商品です。組立目安時間:約1時間




このページの中で使っている商品はこちら♪

曲げ木ガラスローテーブル
【-Emma-エマ】(センターテーブル)

ポケットコイル入りコーナーソファー
【UNION-ユニオン-】

リクライニング座椅子
【Aurora】オーロラ


ウォールラック用扉4枚セット-幅45専用-【Musee-ミュゼ-】(壁面収納用扉)



LeTRONC

EDIT ・ POST

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識

東京都 > 表参道・青山

本棚 本収納 ウォールラック 壁面収納 扉薄型 オシャレ 収納棚 壁面家具 収納 ラック スリムラック 本 書斎 一人暮らし 北欧【OG】ブックシェルフ 薄型 リビング収納(ホワイト 白) グランディック リビング壁面収納・システム収納

モンクレール MONCLER ウール ロゴ プレーン マフラー ブランド メンズ レディース ウール 無地 MCL3C00025595MA

IWATA トリムシール (一体成型) 耐油TPE 37M 7M TSEB320A-L37 板厚3.2mm用(対応板厚2.4~3.2mm)

アートを通して鬼の正体に迫る!「鬼と仏像展」

鬼の陶器立体作品(松本慶一郎氏)

芸術性の高い仏像の展示で人気のイスム表参道店・仏像ワールドギャラリーで開催されている「鬼と仏像展」では、様々な鬼に関する作品が並びます。一見、恐ろしいイメージの鬼も、作品では人間味のある愛らしい姿で私たちを引きつけます。また、展示では、鬼の謎に迫るパネルを展示。鬼は、漂着した西洋人という説や大和民族とは異なる文化を持った辺境の先住民族の蔑称といった説があるなど、知識欲をくすぐる情報が。

鬼はなぜ赤と青? 角や虎の皮の由来は?

エアロパーツ JPM CARBON FIBER REAR DIFFUSER FIT E250 E350 E550 W212 E-CLASS E63 AMG BUMPER JPMカーボンファイバーリアディフューザーフィットE250 E350 E550 W212 EクラスE63 AMGバンパー

昔話に出てくる鬼のイメージといえば、肌が赤く角が生えて、虎の毛皮をまとい、金棒を持った姿。赤鬼・青鬼の色については諸説あり、そのうちの一つは仏教思想において人間が克服すべき煩悩である「貪欲」と「怒り」が、それぞれ赤と青で表現されているというもの。また、鬼が角を持つようになった経緯には、諸説あるそうですが、最もメジャーなのが「鬼門に居座るため」だそう。鬼門にあたる丑寅の方角にいるため、牛(丑)の角をもち、寅(虎)の皮を身につけているのだとか。ちなみに、かの有名な昔話『桃太郎』は、鬼を避けるために鬼門の方角に桃の木を植えたという風習に由来するという説も。

本棚 本収納 ウォールラック 壁面収納 扉薄型 オシャレ 収納棚 壁面家具 収納 ラック スリムラック 本 書斎 一人暮らし 北欧【OG】ブックシェルフ 薄型 リビング収納(ホワイト 白) グランディック リビング壁面収納・システム収納

鬼瓦家守

鬼瓦と言われる、社寺や日本建築の邪気を祓い、そこに住む家族を守る役割を持った瓦も展示。“鬼師”と呼ばれる職人が丹念に仕上げた鬼瓦は、魂が宿った迫力ある表情で、どことなく鬼師に似た雰囲気が感じられます。空間デザインを損なわないサイズ感なので、本来の用途以外にも、インテリアとして飾っても素敵です。

シャブリ グラン・クリュ レ・クロ [2018] ラロッシュ <白> <ワイン/ブルゴーニュ>

出典:『「仏」と「鬼」の謎を楽しむ本』(グループSKIT著PHP研究所)より一部抜粋。

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

人気のキーワード

SCHMELZER-MUSIKSCHULE-SCHEIBBS.GV.AT RSS